新宿激安探偵Sの浮気調査は欲しい証拠を注文出来る

新宿激安探偵Sの浮気調査は欲しい証拠を注文出来る

浮気調査とは、既婚者、未婚者関係なく調査依頼出来ますが、

今回は欲しい証拠を注文出来るという意味についてです。

浮気の証拠とは、一般的には奥様、旦那様、彼氏、彼女が、

自分の以外の異性と、ビジネスホテルやラブホテル、

相手の家もしくは自宅に入る所を撮影し、出て来るまで張り込みをし、

出て来る所を撮影する事が一般的な証拠となります。

しかし、お客様の中には欲しい証拠が異なる方もいると思います。

例えば、どちらの車で移動するのかを見てほしいという方や、

浮気、不貞の証拠は要らないから、相手がどこの誰なのか?

その相手の職場を突き止めてほしいという方や、

浮気相手の家族構成を調査して欲しい方など、

お客様の背景には様々な悩みや、疑問点など、

はっきりさせたかった事も様々あるでしょう。それらを当社では注文いただけます。

どのような証拠が欲しいのか?誰とどう映っている写真が欲しいのか?など

注文にお答え致します。

また、浮気、不倫で相手への慰謝料請求する際や、最悪離婚裁判に発展する可能性がある場合、

担当の弁護士さんによって欲しい浮気、不倫の証拠が変わってきます。

A弁護士の意見だと、これは証拠として十分ですというが、

B弁護士の意見だと、もう少しこのような写真が無いと、証拠能力としては弱い、

といった意見の違いが出る事も多々あります。

ですので、専門家である担当の弁護士とも相談をし、お客様と担当弁護士が欲しい証拠を

ご注文頂き、当社が調査する事がベストな解決法ではないでしょうか。

特に見解が分かれるのは、ラブホテルを使用してない不貞行為の場合の日数と時間ですね。

ラブホテルを使用した際の、証拠撮りは十中八九の弁護士が証拠として問題ないと答えますが、

1日ビジネスホテルや自宅などに出入りしたが滞在時間が3時間程度の場合、

証拠として弱い為2日、3日間程度出入りする姿を撮影して欲しいという弁護士もいますし、

1日でも証拠として問題ないと答える方もいます。

どちらにせよ、探偵はどこまでいっても調査会社であって、法律家ではありませんので、

どのような弁護士先生のオーダーでもお受けし、欲しい証拠を調査致します。

東京都内新宿に事務所を構えますが、

日本全国安い調査料金でお受け致しております激安探偵Sに調査お任せ下さい。

こちらも参考にしてみて下さい↓

弁護士がなぜ、激安探偵Sの調査をおススメするのか

探偵が浮気調査や不倫調査で証拠撮りで使用するカメラ

探偵事務所によって異なる浮気、不倫調査費用

悩まずにまずはお気軽にご相談ください