探偵事務所(興信所)に依頼し、証拠を掴みたい理由は何ですか?

おはようございます。相談員のIです。

今週は太陽が出たり、いきなりゲリラ豪雨が降ってきたりと

中々、調査が大変な今日この頃です。

今回は「みなさまは何のために証拠を掴みたいか。」

という名目でお話させて頂こうと思います。

・離婚をするため

・離婚をして慰謝料を請求するため

・夫婦間を修復するため

結婚をするのは簡単です。

(簡単ではないですが、今はそう言っておきます)

そもそも祝い事なので、周りから祝福されます。

とても気持ちの良いものだと思います。

しかし、離婚はその逆です。

周りから一目置かれる可能性もありますし、

気持ちの良いものではないといった印象だと思います。

周囲からはおしどり夫婦だと思われていたが、

実際は、仮面夫婦だったなんてこともよくある話です。

結局のところ、夫婦間の問題は当事者同士しか分かりませんし、

今後どう運んでいくかを決めるのも当事者しかいません。

今のご時世は、以前と比べると離婚を受け入れる環境になっていると言えます。

離婚は良くない。なんて考えは過ぎ去りました。

肝心なのは、決定づけた理由です。

何事も経験をして、失敗して、そこでようやく気付くものもあります。

今は離婚を悪く言う人はあまりいません。

協議離婚が成立しない場合、段階として、裁判所を利用することになります。

ただ闇雲に離婚をしたいと思うだけでは出来ません。

彼氏彼女の関係ではないので、

法律に則った証拠・証明が必要になるということです。

●不貞行為

●悪意の遺棄

●生死が不明

●回復見込みのない強度の精神病を患う

●婚姻を継続しがたい重大な事由

上記の項目は、民法で定められているものです。

探偵が扱うのは『不貞行為』が主であるといえます。

配偶者が浮気・不倫をしている。

これは離婚が認められる要因に当てはまります。

その為に証拠(主に写真)が必要なので、

探偵に依頼をするといった流れです。

しかし探偵を雇う費用は安価なものではありません。

ケースによっては、200万円以上掛かることもあります。

また会社によって、料金体系も応対能力も全く異なります。

表社会・裏社会という言葉があるのでしたら、

探偵は恐らく、裏社会だと言えるでしょう。

良心的な探偵社もあれば、その逆もあります。

依頼をする上で、まずはそこを見極めなければなりません。

ネットに転がっている情報だけでは、信用に欠ける業界です。

しっかりとご自身の目で、感性で感じ取ってみてください。

東京都内は勿論ですが、日本全国で安い調査をご希望の方は、

一度お電話、メール、LINEのいずれかにて、お問い合わせください。

ご相談は無料となっていますので、ご安心して、活用ください。

お電話   0120-089-820

解決しようかなと思ったら今すぐ新宿の探偵に相談
悩まずにまずはお気軽にご相談ください