探偵による浮気調査、不倫調査の後の対応

探偵による浮気調査、不倫調査の後の対応について。

依頼者であるお客様が、浮気調査、不倫調査を依頼し、

探偵事務所や興信所が不貞の証拠を無事証拠として、

調査成功した際の対応についてです。

お客様の中には、いくつか選択肢がありあます。

1つ目は、浮気、不貞の証拠をいざという時の為に持っておく

2つ目は、浮気、不倫相手に慰謝料請求する

3つ目は、浮気、不貞行為の証拠を基に旦那様、奥様に問いただす

4つ目は、浮気、不貞行為により離婚する

など、お客様により調査での証拠の使い道は様々です。

お客様がどの方向に進むのかは勿論自由ですが、

進みたい選択肢により、探偵としても調査方法が変わります。

1つ目の証拠だけが欲しいのであれば、浮気、不倫相手の特定までする必要はありません。

もちろんその分時間が削減できますので、安い調査料金で済むでしょう。

2つ目の浮気相手や不倫相手に慰謝料請求する際は、相手の名前や住所を特定する必要があり、

不貞行為後、相手を尾行する必要があります。

3つ目も1つ目と同様で相手を特定する必要はありません。(勿論ご依頼内容によりけり)

4つ目は2つ目と同様で相手を特定する必要があります。

最悪の場合裁判も考えたうえでの確実な証拠が必要です。

その際、弁護士の意見も聞き、有利な証拠を撮る必要があります。

このように、お客様が浮気調査、不倫調査を依頼して、証拠を撮った後、

どうしたいかによっても、どこまでのどのような証拠が必要か、

もしくはどのような証拠が欲しいのかが変わってくるという事です。

勿論弁護士にも様々な意見や考え方がありますので、その都度打ち合わせをさせて頂き、

せっかく高いお金を払って浮気調査するわけですので、

確実に有利になる証拠を探偵としても提供したいのです。

ここで注意点があります。

1つ目と3つ目では、不貞の証拠を押さえましたが、

相手を特定していません。もし、いざという時の為に持っていたり、

旦那様、奥様に問いただす為に持っていたとして、

いざ証拠を見せると、相手が特定されていない事がバレてしまいます。

ずる賢い方ですと、開き直られたりします。

もしその後も関係が継続しているなどが判明した際は、

別れさせるために、結局2つ目でありました、慰謝料請求する為に

相手を判明する必要があるのです。そうすると最悪です。

探偵に依頼していた事がバレている為、警戒心が強く調査はかなり難航します。

時間も日数もかなり掛かる可能性がある為、結局料金が高くなってしまうのです。

このようなケースは少なくありません。

そうならない為に、最初のテーマですが、調査後どうしたいのか?

を細かく当社は打ち合わせをさせて頂いております。

少しでも無駄な料金を払わなくてもいいようにアドバイスさせて頂きます。

東京都内の新宿に事務所を構えます、激安探偵S、

東京都内は勿論ですが、日本全国安い調査料金でお受け致しております。

こちらも参考にしてみて下さい↓

【浮気調査、不倫調査】で激安探偵Sが選ばれる理由は、ズバリ

浮気、不倫の証拠を勘違いされている方

初めて浮気調査を依頼される方へ

探偵の調査方法とリスクの説明

悩まずにまずはお気軽にご相談ください