浮気、不倫の証拠を勘違いされている方by新宿激安探偵S

浮気、不倫の証拠を勘違いされている方by新宿激安探偵S

本来探偵に浮気調査、不倫調査で証拠を撮るために調査依頼するのですが、

もうすでに浮気、不倫の証拠は持っている為、浮気相手、不倫相手の住所だけ調査して欲しい、

という方がたまにいらっしゃいます。

その証拠はどんな証拠ですか?と確認するとラインでのやり取りや、

メールでのやり取りの事を言う方がいます。

実際にそのやり取りが証拠になりうるかは、法律家ではありませんので何とも言えませんが、

経験上意味を持たない証拠と言えます。

探偵の浮気調査では、勿論弁護士さんの見解を踏まえ、欲しい証拠の条件などは異なりますが、

オーソドックスな探偵の証拠撮りは、デートシーン、自宅もしくはホテルなどの出入り、

勿論その行動を時間軸で撮影、となります。

弁護士先生の見解にも寄りますが、ラブホテルなら1発、

自宅などなら複数回の出入りが必要とされています。

ラブホテルは不貞行為をする為に入る場所(お互いが了承していないと入らない場所)

自宅などはお腹が痛かったのでトイレを借りた、

疲れたから寝させてもらっていた、などの言い訳が通ってしまう可能性がある為、

探偵事務所や興信所では、

これで不貞の証拠撮りとなる訳です。

一概には言えませんが、ラインやメールでも証拠として使える場合も勿論あります。

不貞行為がはっきりとあった事を証明出来る内容である事です。

好きだとか、愛してるや、今度いつ会える?などは、

会っているだけという言い訳が通ってしまう為、浮気、不倫の証拠とは言えないという事です。

生々しいですが、不貞行為の内容や、感想などが無い限りはラインやメールでの証拠とは言えない可能性が高いという事です。

見切り発車でラインやメールの内容が薄い内容なのに、慰謝料請求をしてみたりすると、

かえって反撃を食らってしまう可能性があるのです。

全てに言える事ですが、証拠とは言い逃れの出来ないものを指すのです。

なので証拠を撮る事は難しい事と言えるかもしれませんね。

今回は浮気、不倫の証拠を勘違いされている方についてでした。

当社は東京都内新宿に事務所を構えますが、日本全国格安料金で調査依頼可能な探偵事務所です。

こちらも参考にして下さい↓

探偵に依頼し、浮気調査をするメリット

浮気、不倫調査で探偵は証拠以外に相手の特定が重要

深夜の調査でも確実に撮影する激安探偵Sの機材

悩まずにまずはお気軽にご相談ください