探偵にとってあるあるな長時間の張り込みになる調査は浮気調査

探偵にとってあるあるな長時間の張り込みになる調査は浮気調査

浮気調査でほぼ必ず夜を超えるパターンの調査があります。
それが”調査対象者が浮気相手と同居している”パターンです。

このパターンの多くが仕事終わりから始まり、翌日の7時ごろ終わるという内容です。
なので1回の調査が12時間程度。

これは調査対象者と浮気相手が建物や部屋に”入ってから出るまで”が1回の証拠となるためです。
そして”継続性を証明するため”に2回以上撮ることが一般的です。

この12時間ですが、自分比で普通の12時間の倍きついです。

【一瞬の見落としが許されない事】

入る一瞬も重要ですが、出てくる一瞬も同じく重要なんです。
いつ出てくるかわからない状態で一瞬を狙う。

常に緊張しっぱなし

調査が終わった後は12時間は寝れるくらい疲弊します。

この様な調査が毎日どこかで行われています。

調査についてご質問がございましたらお問い合わせください。

調査のやり方などでも結構です。

当社激安探偵Sは東京都新宿に事務所を置く探偵会社です。

勿論その他、素行調査・人探し・婚前調査・工作などもお受け致しております。

お電話・メールでのお問い合わせは、
365日24時間体制にて、【完全無料】となっております。
お気軽にお問い合わせくださいませ。
お電話  0120-089-820

解決しようかなと思ったら今すぐ新宿の探偵に相談

東京、神奈川、関東近郊を中心に調査を遂行している会社【激安探偵S】
JR 新宿駅西口(徒歩5分)都営大江戸線 新宿西口駅(徒歩1分)東京メトロ丸ノ内線 西新宿駅(徒歩2分)西武新宿線 西武新宿駅(徒歩3分)

悩まずにまずはお気軽にご相談ください