素行調査はお任せください

調査料金は大手探偵社の約半額

素行調査事例

某大手企業の社長「従業員の行動が規律違反していないか」という相談

従業員の行動調査

今回は自身が雇っている幹部社員の動向が気になり、ご相談くださいました。
社内の噂で、今回調査対象となる人物(以下「対象者」と記述)が自身でお店を立ち上げようとしている。と社長さまの耳に入ってきたそうです。
会社の規則として、まずダブルワークはNG。なにより、就業時間内にちょこちょこ会社を抜け出し、開業前の準備をしているんだとか…
対象者は社長さまの出社及び退社時間を把握しているので、目を盗んで抜け出している可能性は確かにあるとのこと。
他の社員に申し訳がないし、社内の士気が下がるという想いから、今回ご契約頂きました。
対象者は原付で出勤するため、こちらもバイクを使用しての調査となり、調査員2名24時間パックの概ね33万円程度の内容で締結しました。ちなみに当社の最低調査時間は3時間となっています。
今回の調査で最重要なのは、対象者が会社を出て、どこで何をしているのか。またどのような人物と接触しているのか。ということです。早速調査を契約日の6日後から開始することになりました。
我々調査員として調査を始める前にしておきたいことは下見調査です。今回の場合、調査時間が12時~16時の4時間調査を6日間行うというもの。実際に足を運び、交通量や人通り、周囲に馴染みやすい服装、張り込み位置などを入念にチェックしておくのが鉄則です。
下見調査後、事務所に戻り調査員同士で会議が始まります。厄介なことに人通りが少ない場所で、バイクを数時間停めておくには不自然な場所でした。対象者が原付である以上、こちら側も小回りが利くバイクで勝負しなければならないため、会議は数時間にも及びました。
まず、張り込み位置を決めるポイントとしては何日間の調査を行うかということです。1日だけの調査であれば、大げさな話、会社の目の前に立っていてもさほど乗り越えられるものです。しかし今回は6日ということなので、そのような場合は日によって、張り込み位置などを変える必要があります。対象者に怪しいと思われないのは当たり前のことですが、近隣の住民や通行人、会社の社員さん方にも不信感を与えることがないように実施しなくてはなりません。不審者と思われ、警察に通報されることや社員さんが会社内に話を持ち込み、「外に怪しい人たちがウロウロしていた」など噂話にでもされたら厄介ですので。このように本調査をする前に勝負はすでに始まっているのです。
日は流れ、調査日初日になりました。この日は快晴でした。悪天候時のバイク調査は危険なため、調査失敗のリスクが高くなります。
まず調査開始時刻を迎える前にバイク駐輪場に対象者のバイクが停まっているかの確認をします。相談時に頂いている情報は対象者がバイクを使用すること、バイクを駐車している場所、バイクの種類、ナンバー等です。
これらの情報が違うと調査方法はがらりと変わります。ですので確認は必須です。
調査員1名は対象者のバイクが見渡せる位置に、もう1名は会社の出入り口が見渡せる位置にスタンバイして、調査を開始しました。
開始時刻から1時間経たないうちに対象者が会社から出てきて、自身のバイクが停められている駐輪場に向かったのを確認しました。調査員同士で情報を共有し、駐輪場付近で張り込みをしている調査員が対象者を確認出来たタイミングにて、もう1名がバイクに跨り、尾行準備に入りました。付近の道路状況は、小さな交差点に信号機がちょこちょこ付いていることとバイクが通り抜け可能な小道がパラパラとあることです。さらに車両の交通量も少なく、一瞬でも目を離せば見失ってしまう状況でした。かと言って張り付くと対象者にバレる恐れがあるので、中々に難しい調査内容でした。
私たちは相談時に依頼者がお話しされたこと(対象者が会社を立ち上げようとしているかもしれない)を念頭に置いていました。あくまで仮定としてですが、事実ならばそこに向かう可能性が高い。ということ。要するにその場所さえ把握してしまえば、今後無理にバイクでの尾行をしなくても良いので、調査発覚のリスクが下がります。
今まで調査を幾度も経験してきましたが、やりやすい調査は1割もありません。ただ、調査を継続していく中で調査がやりやすくなることはあります。
今回の場合、一度追い切ってしまえば、やりやすくなるだろうと思い、出来る限り、不審な動きをしないよう尾行をしました。
バイクで尾行をし、5分程度走ったところで、対象者が停車しました。そこは道路沿いに接する路面店でした。出入り口はシャッターが閉まっており、看板がなければ、人もおらず、閉店したであろう飲食店の様でした。
対象者の姿を撮影していると対象者が自らシャッターの鍵を解錠し、中に入っていきました。それから数分後、車両が付近に停車し、運転席から40代程度の女性が降りてきました。その後、お店の中に入るのを確認しました。それから約2時間後に2人がお店から出てきて、今度は女性がシャッターの鍵を施錠しました。対象者と女性は別方面に走り去って行ったので、今回は対象者の尾行に専念しました。結局対象者はバイク駐輪場にバイクを駐車させて、会社に戻ったのを確認し、初日の調査は終了しました。
2日目は初回調査日の2日後に行いました。依頼者さまに初日に起こった出来事をお話ししたところ、今回も対象者に専念してほしい。との要望がありました。
よって、初回調査同様、会社出入り口付近及びバイク駐輪場付近に調査員をそれぞれ配置し、初回調査で得た情報を基に路面店の方面に向かった際は、無理に追うことはせずに距離を開けながら尾行をすることにしました。
対象者が会社から出てきた後、バイクに乗り込むのを確認しました。その後、路面店の方面に向かって行きましたが、路面店を通り過ぎて10分ほど走ってホームセンターの駐車場に入りました。ホームセンターでは、主に掃除用具を購入し、バイクに乗り込むと路面店付近に停車しました。掃除用具を片手に路面店に入るのを撮影し、出てくるまで付近にて、張り込みをしました。今回は出入り口のシャッターが解錠されていたことと付近に前回入手した女性の車両が停車していた為、すでに店舗内に女性がいると予測出来ました。約3時間後、対象者と女性が一緒に出てきて、別々の方面に向かって行きましたので、対象者を追ったところ、バイクを駐輪場に停めて、会社内へ入りました。その一連の流れを撮影し、本日の調査は終了しました。
3日目の調査を行う前に依頼者様と対談をし、女性のお写真とこれまでの調査結果をお伝えしました。こちらの女性に心当たりがありますか?と尋ねると、対象者の彼女だと判明しました。恐らく2人でお店の開業準備をしているんだろう。ということ。すでに2日分は証拠を撮れているが、証拠はあった分だけ良いので、引き続き調査をお願いします。ということで、残り4日も継続することにしました。
当社からのご提案で何度もバイクを尾行するのは発覚のリスクが高くなるため、調査員1名が会社付近にて、張り込み。もう1名が路面店付近にて、張り込みのプランを提示すると、プロの方々にお任せ致します。と承諾して頂きました。
3日目の調査日となり、調査員2名が定位置にて待機。対象者が会社の出入り口から出てきて、バイクに乗り込みました。この時の様子を撮影しつつ、もう片方の調査員と連携を取ります。その後、路面店に対象者が現れて、店舗内に入る姿を撮影。数時間後、店舗から出てきて、バイクに乗り込むまでを撮影し、もう片方の調査員がバイク駐輪場付近で待機しているので、対象者がバイクを停めて、会社内に入る姿を撮影し、本日の調査は終了しました。
4日目~6日目までも同様の調査プランにて続行し、無事証拠を撮影することが出来ました。
調査を実施する上で一番大切なことは調査が発覚しないことですので、調査は成功と言えるでしょう。
10日後、調査報告書が完成し、対面にて依頼者様とお話をすると「会社の重要ポストではあったが、他の社員に申し訳がないのでしっかり考えて、答えを出したい。ありがとう!」と強い言葉を放たせて、依頼は終了しました。

30代女性「夫のLINEに女性と会う予定が書いてあった」という相談

夫の不倫調査

依頼者は30代女性で、夫の携帯を見てしまった時に女性と会う約束をしていた。その女性は依頼者の知り合いであまり信用が出来ないとの事。もしも浮気をしていたら相手の女性に慰謝料を請求したいので、この度東京の探偵の中で安い料金できちんと調査してくれる探偵事務所だと、弁護士先生から紹介されたとの事。この依頼を承諾し素行調査開始。
依頼者によると夫(対象者)がどの日に女性と会うかはわかっているが何時に家を出て
行くか、女性と合流した後どのような場所に行くかは全く分からないという事で朝8時から対象者自宅で張り込み開始。
8時30分頃自宅マンションを出た対象者は最寄り駅方面へ歩いていき電車で会社へと向かったのを確認した。依頼者の話だといつも18時頃対象者の仕事が終わると聞いていたが、その日は16時に退勤したのを確認した。
その後会社最寄り駅へ向かい自宅とは反対方面の電車に乗車するのを確認。4つ先の駅まで移動すると駅構内で20代後半の女性と接触をした。
その後街を30分程度歩きブランド店に入るのを確認。
20分後その店を出てきたが商品を購入している形跡はなく、再び駅周辺へ戻り居酒屋に入るのを確認した。
2時間後店を出た2人は駅構内で解散。今後の調査の為女性の住所を調べ本日の調査は終了した。調査の結果対象者と女性は友達関係に思えた。街を歩いている時も手を繋いだり、腕を組む様子は見られず、居酒屋内での会話も仕事の話や身の回りの話をしていた。
調査終了から2週間後依頼者から連絡があり、再びこの前の女性と休日に合う約束をしているのが分かったから調査してほしいとの事で対象者自宅から張り込み開始。
11時頃自宅から対象者が出てきて最寄り駅へと移動するのを確認。電車に乗り30分程度移動し前の調査で女性と合流した駅で降車。
その後駅構内でこの前の女性と30代前半くらいの男性2名と接触。その後3人は駅近くのパーキングからレンタカーを借りて、神奈川県まで移動するのが確認できた。
その後観光地やショッピング食事などをしている様子が見られ19時頃再び駅へ戻り駅構内で解散。
対象者は自宅方面の電車に乗車し20時頃帰宅するのが確認できた。一連の流れを依頼者に報告し本日の調査は終了した。
後日依頼者から連絡があり、「夫が浮気や不貞行為をしていなくて本当に良かったです。調査をお願いして気持ちが楽になりました。本当にありがとうございました。」と感謝の言葉を頂き素行調査を終了した。

50代女性「毎月お金を貸してと言ってくる娘の勤務先や行動が知りたい」という相談

娘の行動調査

依頼者は50代女性で、今年22歳になる娘がいる。しかし娘から毎月お金を貸してほしいとせびられそのたびに渡していた。だが娘に渡していたお金の金額が総額約数百万になり預貯金も尽きてしまった。ここ最近も20万円ほど貸してほしいと言われたが、現在は渡していないとの事。
今年の初めにホストクラブの話が出てきたので、ホストクラブに通っているかもしれない。娘は今漫画喫茶で働いていると言っているが、果たして本当なのか?娘がどのような行動をしているのか知りたい。という事で関東の探偵事務所いくつかに相談した所、出張相談なども行い、電話だけではなく実際に依頼者に会って話しを聞いてくれた当社にお願いしたいとの事で、この依頼を承諾し素行調査開始。
依頼者に娘が住んでいると思われるマンションの情報を頂き、自宅付近で張り込み開始。
8時頃自宅を出てきて最寄り駅へ行き、神奈川方面の電車に乗るのを確認。30分程度移動をして川崎市で降車し川崎市内のマンションに入るのを確認した。
数時間後川崎市のマンションから出てきて、電車で新宿まで移動をし、メンバーズクラブに入るのを確認した。
翌朝8時頃に対象者はゴミ袋を持ってメンバーズクラブがあるビルから出てくるのを確認した。
その後川崎市方面の電車に乗り、マンションに帰宅するのを確認して1日目の調査は終了した。
調査の結果、まず川崎市のマンションには、対象者の友達か行為を持っている男性が住んでいると思われる。このマンションに住む人物を身元特定については調査の範囲外なので追加調査が必要となり、今回は身元特定には至らなかった。対象者が働いていると思われるメンバーズクラブを調べると営業時間が深夜0時までだったので、同じビル内の飲食店と掛け持ちをして働いていると思われる。
調査2日目は対象者が川崎市のマンションで過ごしている時間が多く、川崎市から張り込みを開始した。
朝9時頃対象者が川崎市のマンションに帰宅するのを確認。
2時間後マンションから出てきて近くのコンビニへ行き弁当を2つ購入するのが確認できた。
その後マンションに戻るとその日は外出する事はなく調査を終了した。
対象者の休日に同様の調査をもう一度行ったがホストクラブ等に向かう素振りは確認できなかった。一連の流れを依頼者に報告し本日の調査は終了した。後日依頼者から連絡があり、「本当の勤務先や住んでいる場所が分かりひとまず安心しました。これから娘の様子を見ながら、ゆっくりいい親子関係を築くように努力します。本当にお世話になりました。」とお礼の言葉を頂いて調査を終了した。

50代女性「定年になったら離婚するという夫に向けて対策がしたい」

夫の行動調査

依頼者は50代女性で3年くらい前から夫が定年になれば家を出て行くと言っていて、平日は帰宅するが休日は家に帰らず家に居ない事が多くあり女性の家にいっているかもしれないとの事。今まで怖くて真実の確認をしようとしなかったが、弁護士の方やカウンセラーの方に相談したところ、このまま何もしなければ依頼者自身が傷つき終わる結果になると思うのでもしそうなった場合の為に準備や対策などはしている方が、自分の権利を守れる、と聞き探偵か興信所に依頼しようと検索し、料金の安い探偵という事で当社に相談されたとの事。
この依頼を承諾し素行調査開始。依頼者から指定された夫(対象者)の休日に合わせて張り込み開始。
12時頃夫(対象者)が家を出て最寄り駅付近にあるパチンコ店に入るのを確認。パチンコ店内で人と待ち合わせをしている雰囲気はなく5時間後店を出て最寄り駅から電車に乗車し10分程度移動。その後降車し駅構内で40代女性と接触し駅から徒歩5分程度にある居酒屋へ入る。
2時間後店内を出てきて街を30分程度徘徊したあとホテルに入るのを確認。
2時間30分後ホテルから出て徒歩20分程度の場所にある女性(対象者2)の自宅と思われるアパートに入るのを撮影し、引き続き女性(対象者2)のマンションから張り込み開始。
9時頃アパートから2人一緒に出てきて最寄り駅付近にあるパチンコ店に入る。
15時頃パチンコ店から出てきて女性(対象者2)が所有している自動車に乗り20分程度移動し、ショッピングモール内へ入るのを確認。
1時間程度買い物をし再びアパートへ帰る。
22時頃夫(対象者)が1人でアパートから出てきて最寄り駅から自宅方面の電車に乗るのを確認。
帰る道中ドラッグストアや牛丼屋へ入り1時間後自宅に帰るのを確認。
一連の流れを依頼者に報告し本日の調査は終了した。
調査の結果夫(対象者)は長年にわたる不貞行為をしており女性(対象者2)との行動に迷いがなく、あたりまえかのようにふるまっていた。
後日依頼者から連絡があり、「素行調査ありがとうございました。弁護士の方ともお話をしたのですが証拠写真もハッキリ写っているし夫が定年になり離婚を迫られても自分を守るために戦う事が出来ます。本当にありがとうございました。」と感謝の言葉を頂き調査を終了した。

50代男性「夫婦中が悪くなった嫁が浮気しているか休日の行動を知りたい」というご相談

嫁の行動調査

依頼者は50代男性で最近子供の教育方針の事で仲が悪くなった嫁が休日にどういった行動をしているか知りたいとの事。今回の休日は子供を実家に預けて、友達と新宿で開催されるイベントに参加する様子。前まではイベント事には興味がなかったのに最近になってよく出席するようになり帰りも遅いので浮気を疑っていくようになったとの事。イベントの開催日に調査を絞り妻(対象者)自宅から素行調査開始。
7時30分頃妻(対象者)が子供を連れて出てくる。自動車に乗車し、あらかじめ聞いておいた実家方面へ移動。
8時頃実家に子供を預け再び自宅へ帰宅しすぐに家を出て最寄り駅方面へ移動し新宿方面の電車に乗車したのを確認。
20分後新宿駅で降車し駅構内で待ち合わせをしている様子。
5分後30代後半くらいと思われる男性が妻(対象者)と接触し、駅から徒歩5分圏内の場
所にある喫茶店に入る。11時頃喫茶店を出てイベントが開催されている建物に入るのを確認。建物内へ入り中での様子を伺いたかったが、ビル全体でイベントを開催していて前売りチケットを持ってない方は入れないためビルの出入り口を確認し正面口と裏口で張り込み開始。
3時間後イベントが終わりビルから出てきて新宿駅方面へ移動。
その後妻(対象者)の自宅とは反対方面の電車に乗車し30分程度移動し降車した駅から徒歩15分程度にある男性(対象者2)の自宅と思われるマンションに2人で入る。3時間後マンションから2人で出てきて男性(対象者2)が所有していると思われる自動車に乗りマンションから30分程度離れている洋食屋まで移動。
調査員2名が店内に入り会話の内容や店内での様子を確認。
1時間後店を出て自動車で妻(対象者)の自宅付近まで移動し解散。
23時頃妻(対象者)が帰宅したのを確認し、一連の流れを依頼者に伝えて本日の調査を終了した。調査の結果、車内での様子や店内での会話をふまえてやはり妻(対象者)は浮気をしている事が明らかとなった。
後日依頼者から連絡があり、「やはりそうでしたか、探偵に依頼する事で、疑念が確信に変わりよかったです。証拠写真も撮ってくれているし、早期発見で料金も安くなり助かりました。朝から夜までの長い調査ありがとうございました。」とお礼の言葉を頂き調査を終了した。

30代男性「険悪な関係の妻と離婚したい」というご相談

妻の行動調査

依頼者は30代男性で数年前から夫婦関係は冷え込んでおり、半年ほど前から更に悪化した。共働きで妻は仕事の関係上外泊することが多いので、お互いに干渉しなかったが、浮気をしていると思うので事実をはっきりさせてから離婚の話を持ち出そうと思うので色々な探偵事務所や興信所に料金を聞き、調査料金の安かった当社を選ばれたとの事。
この依頼を承諾し素行調査開始。
依頼者によると妻(対象者)は仕事終わりに連絡が来なくなることが多いと言われていたので妻(対象者)が勤務している会社付近から張り込み開始。
18時頃妻(対象者)が退勤したのを確認。
その後最寄り駅まで移動し電車に乗車。2駅過ぎて車両内で男性(対象者2)と接触するのを確認。
15分後降車し駅から徒歩10分程度の飲食店に入るのを確認。
1時間程度で店内から出て近くのホテルに入る。
3時間後ホテルを出て駅方面へ移動し駅構内で解散。
妻(対象者)が0時頃に帰宅したのを確認し本日の調査は終了した。
後日依頼者から連絡があり「不貞の証拠を撮って頂いてありがとうございます。離婚を考えて弁護士の方に相談した所、不貞の証拠は複数回会った方がいいと言われたので妻が外出する日は決まっているのでもう一度証拠撮りの調査を行って欲しい」との事。
この依頼を承諾し再調査となった。
再調査日の調査では妻(対象者)が、どの時間に出てくるかわからないので朝7時から対象者自宅前で張り込み開始。
10時頃妻(対象者)が自宅から出てきて自転車に乗り最寄り駅方面へ移動。電車に乗車しこの前の調査で男性(対象者2)と解散した駅まで移動し駅構内で接触するのを確認。
その後駅から徒歩5分程度の場所にある百貨店へ入り買い物をしている様子。
2時間後店を出て、駅近くからタクシーに乗車し20分程度移動したあと男性(対象者2)が住んでいると思われるマンション内に二人で入るのを確認。
4時間後マンション内から出てきて徒歩15分程度にあるファミリーレストランに入る。
1時間後店を出て再び最寄り駅方面へ移動し駅構内で解散。
妻(対象者)は自宅方面の電車に乗り、途中化粧品店やドラッグストア、コンビニなどにより22時頃帰宅するのを確認。
一連の流れを依頼者に報告し本日の調査は終了した。
後日依頼者から連絡があり、「急な即日調査ありがとうございました。証拠写真もハッキリ写っているので弁護士の方もこの写真なら問題なく使えると言われたので安心しました。」と感謝の言葉を頂いて調査を終了した。

60代女性「仕事からの帰りが遅い旦那が浮気をしていないか調べて欲しい」というご相談

旦那の浮気調査

依頼者は60代女性の方で10年前に旦那と死別し3年前に再婚されたとのこと。再婚相手とは2年前まではとても仲が良く二人でよく外出や旅行などをしていた。だが1ヶ月前くらいから旦那の仕事からの帰りが遅く遅いときでは深夜の1時くらいに帰って来る事もあり、家での会話がなくなっていった。
そんな中旦那の携帯を見てみると知らない女性と何度もやり取りをしていて、今週末旦那は休日出勤と言っていたがメールの相手と会う約束をしていたとの事。そこで東京の探偵を調べ、何社かの探偵と興信所み見積もりを取り、一番安かった当社に決め依頼となった。
この依頼を承諾し素行調査開始。依頼者から頂いた情報では8時頃に自宅を出ると言われていたので、7時から自宅前で張り込み開始。
8時30分頃旦那(対象者)が自宅を出てきて車に乗り会社方面へ移動開始。
20分後会社を通り過ぎ、駅付近で30代女性(対象者2)と接触。
その後女性(対象者2)は助手席へ乗車し車内で30分程度話しをした後に車で10分程度移動しレストランへ入るのを確認。会話の内容からすると女性(対象者2)は会社の同僚と思われる。
1時間後店を出て車で20分程度移動し映画館の中へ入るのを確認。館内での様子を見たかったが日曜日の休日ということもあり人が多くチケットが取れないので映画館内の出入り口が見える位置と対象車両が見える位置に別れて張り込み開始。
2時間後映画館内から出てきて車に乗車。
その後最寄り駅内で解散し対象者はまっすぐ帰宅したのを確認し本日の調査を終了した。
調査2日目今回は仕事終わりの行動を調べて欲しいという事で対象者が勤務している会社から調査開始。
17時頃対象者とこの前の調査で判明した女性(対象者2)他男女3名の合計5名で一斉に退勤するのを確認。
その後徒歩10分程度にある居酒屋へ入る。
2時間後店内を出て駅構内で解散し対象者と対象者2は同じ電車に乗り1駅先で降車しホテルに入るのを確認。
2時間後ホテルを出て駅構内で解散。その後対象者は23時50分頃帰宅。
一連の流れを依頼者に報告し本日の調査は終了。
後日依頼者か連絡があり、「長い間の調査ありがとうございました。真実が分かってよかったです。証拠写真もハッキリ撮ってくれているので旦那と十分に話し合います。」と感謝の言葉を頂いて調査を終了した。

50代男性「息子が通っているスクールのコーチとの関係を調べて欲しい」というご相談

妻の浮気調査

依頼者は50代男性で最近妻がパートの時間を増やし、休みの日でも欠勤者が出たので変わらなければならいと言い半年ほど前までは週に3回程度の勤務で時間帯も午前中から正午までの4時間程度だったそうだが最近で週に5回で午前中から夕方までの時間働いているとの事。服装や髪型にも気お使っている様子で浮気を疑い始めた。そんな中息子と話をしている最中テニススクールのコーチとお昼ごはんを一緒に食べた。家まで送ってもらった。などただのコーチにしては深入りしている気もする。通っているテニススクールも午前中から正午までと時間もぴったり合うことから妻の浮気が確信に変わっていった。
そこで東京の探偵で検索し料金的にも一番安い当社に相談してみたとの事。この依頼を承諾し素行調査開始。
1日目は自宅から張り込みを開始した。
6時頃妻(対象者)が自宅から出てきて、その後パート先に出勤し正午に退社したのを確認。その後自宅方面には向かわず息子が通っているテニススクール方面に歩き出す。
そしてテニススクールのコーチ(対象者2)と接触し車内に入り20分ほど話したのちすぐに解散し帰宅する。一連の流れを依頼者に報告し本日の調査終了。
後日依頼者から連絡が来て明日妻(対象者)が急にパートが入った。忙しいので帰りは遅くなると言われ、本当にパートをしているのか確認して欲しいと依頼が入ったので再び素行調査開始。
午前中対象者がパート先に入るのを確認。
その後正午には終わった様でパート先付近で誰かと待ち合わせをしている様子。そしてテニススクールのコーチ(対象者2)と接触し車内に入るのを確認。車で20分くらい走りファミリーレストランへ入る。会話の内容が聞きたいので調査員1名が店内に入り残りの調査員で張り込み開始。
2時間後レストランから出て車内へ乗り移動したので尾行開始。
その後何処にも寄らずホテルに入るのを確認。
一連の流れを依頼者に報告し、ホテルに入る所と出てくる所を撮影し本日の調査終了。
後日依頼者から連絡があり「妻とは一度きちんと話し合ってみる。息子のテニススクールや相手の事もじっくり考えます。早期発見で本当によかった、ありがとうございます。」と感謝の言葉をいただき調査を終了した。

40代女性「単身赴任中の夫が浮気をしていないか調べて欲しい」というご相談

夫の浮気調査

依頼者は40代女性で夫は仕事柄転勤が多く1年か2年、早いときは半年に1回くらいのペースで勤務地が変わり基本関東県内に転先が変わる。いつも転勤先が変わる毎に家族で一緒に移動していたのに今回は夫のどうしてもといった意向で単身赴任といった形をとったとの事。赴任先の夫が暮らしているマンションの電気の使用量をチェックしているが、メーターが動いてない時が多々あり浮気をしているのではないか不安になり、今回夫の赴任先が東京都なので東京の探偵で検索した結果料金が1番安い当社に相談したとの事。その依頼を承諾し素行調査開始。
調査1日目夫の勤務先の会社から張り込みを開始。
19時頃夫(対象者)が同僚と思われる女性と退勤したのを確認。
その後最寄り駅構内で解散し夫(対象者)は自宅方面の電車に乗りまっすぐ帰宅。
23時頃まで夫(対象者)が住んでいるマンションで張り込みを続けたが動く気配もなく22時30分頃部屋の電気が切れたので就寝したと判断し1日目の調査終了。
調査2日目依頼者から連絡があり当初は夫(対象者)の休日に調査を行う予定だったが依頼者の方に夫(対象者)から連絡があり休日に一度帰ると言われたそうなので1日目と同じく勤務先の会社から張り込み開始。
19時頃退勤したのを確認。その後自宅方面の電車に乗り帰宅。
23時頃まで動く気配がなかったので本日の調査終了。
しばらくして依頼者から連絡があり夫(対象者)の休日に調査してほしいと言われたので、夫(対象者)が住んでいるマンションから張り込み開始。
11時頃マンションから出て来て最寄り駅方面へ移動。その後一人で昼食を済ませ近くのスーパーで買い物をし、帰宅したのを確認。17時頃マンションから出来て最寄り駅方面へ移動し電車に乗り10分程度移動。駅構内で知り合いと思われる男性2名と接触。駅から徒歩5分程度にある居酒屋へ入る。
3時間後3人は居酒屋を出て駅構内で解散し夫(対象者)は自宅方面の電車に乗車。
23時頃帰宅するのを確認。一連の流れを依頼者に報告し本日の調査終了。
調査の結果夫(対象者)は不貞行為をしている様子はなく、地味な生活をしていて住んでいるマンションは就寝しに帰るだけに使っている様子。
後日依頼者から連絡があり、「3日間の調査ありがとうございます。夫を信じる事にします。調査して頂いてありがとうございました。」とお礼の言葉を頂いて調査を終了した。

20代女性「最近旦那の帰りが遅いので仕事終わりに何をしているのか調べて欲しい」というご相談

旦那の行動調査

東京都内の色々な探偵会社に電話をしたが料金が高く、都内で料金が一番安い当社を選択されたとの事。最近旦那の仕事が終わってから家に帰宅するまでの時間が長い、休日は家に居るのだが携帯で誰かとこまめに連絡を取っている。旦那が仕事を終えてから何をしているのか調べて欲しいという事で素行調査開始。
8時00分旦那(対象者)が勤務している会社の出入り口が見える位置を確保し張り込み開始。
8時55分対象者出社。15時50分対象者が退社し駅方面へ移動。
16時10分自宅方面とは違う電車へ乗車する。その後2駅先で降りて待ち合わせをしている様子なので張り込み開始。
16時40分対象者に男女の2人組が駅構内で接触、その後駅から徒歩15分程度にある居酒屋へ入る。依頼者に確認をとった所会話の内容も聞いてほしいとの事なので調査員2名が店の中へ入り残りの調査員で出入り口が見える位置を確保し張り込み開始。
19時30分店から出てきて駅方面へ移動したので尾行開始。
19時50分駅構内で、途中合流した男性だけ解散し、対象者と女性(対象者2)は再び駅から徒歩5分程度の所にあるBarに入る。依頼者に確認すると最後はタクシーで帰宅する可能性が高いとの事なので調査員1名が店の中に入り、残りの調査員で車を用意し張り込み開始。
22時10分対象者と対象者2が店から出てくるその後駅方面へ移動したので尾行開始。
22時20分駅近くにあるタクシー乗り場から対象者と対象者2がタクシーへ乗車したのを確認し尾行開始。その際調査員1名は電車で対象者宅へ先回りをし、対象者宅付近で張り込み開始。
22時30分対象者宅から1駅離れた駅前で降車その後駅から5分程度離れたホテルへ入る。ホテルの出入り口を確認し張り込み開始。
00時15分対象者と対象者2が一緒にホテルから出てくる。その後対象者2はタクシーに乗る。依頼者に確認をした所対象者だけを追ってほしいとの事なので尾行開始。
00時40分対象者は駅へは行かず徒歩で帰宅一連の流れを依頼者に説明し本日の調査終了。後日依頼者から連絡がきて「旦那(対象者)が会社終わり何をしているのか細かく知れてよかった。旦那(対象者)ともう一度話しをしたいと思う。長い時間の調査ありがとう。」と感謝の言葉を頂いて調査終了。

40代女性より「娘の帰宅時間が遅くなった」というご相談

娘の行動調査

依頼者は40代後半の女性で、最近娘の帰宅時間が遅くなった。本人はアルバイトをしていると言っているけれど身に着けている品物が高価なものが多い。そこで東京都内で一番安い価格で調査力に定評のある当社に相談してみることにしたとの事。娘(対象者)が通っている某大学から学校終わりに、本当にバイトに行っているのかが知りたいということで素行調査開始。
8時00分出入り口が3か所ほどある為、各調査員が出入り口すべてを確認できる場所を確保し張り込み開始。
15時35分対象者が学校から出たのを確認し尾行開始。
15時45分学校から徒歩10分くらいの最寄り駅に乗車。
16時20分大崎駅で降車その後ファーストフード店に入る。2名の調査員が中に入り残りの調査員が出入り口の見える場所を確保し張り込み開始。中に入った調査員が確認した所、対象者はファーストフード店でアルバイトをしている様子。
22時30分対象者が出てきて駅方面へ移動したので尾行開始22時40分自宅方面の電車に乗車。
23時20分対象者宅の最寄り駅で降車し帰宅。一連の流れを依頼者に報告し本日の調査終了。後日依頼者から連絡がきて休日もバイトに1日中行っているとの事。本当に休日もアルバイトをしているのか調査してほしいとの事なので素行調査開始。
7時00分対象者宅で張り込み開始。
8時20分自宅から出てきて最寄り駅方面に移動。
8時30分以前の調査で判明したアルバイト先方面の電車に乗車
9時20分大崎駅で降車しファーストフード店に入る。調査員1名が中に入り残りの調査員で出入り口の張り込み開始。
14時30分ファーストフード店を出て山手線大崎駅外回りに乗車。
14時50分渋谷駅で降車。その後駅から徒歩1分くらいの喫煙所で待ち合わせをしている様子。
15時00分30代後半くらいの男性と接触その後渋谷駅から徒歩5分くらいの喫茶店に入る。会話の内容が聞きたいので調査員1名が中に入り残りの調査員で出入り口の見える場所を確保し張り込み開始。
16時20分喫茶店から出てきてセンター街方面へ移動。その後3か所のブランド品店に入り
19時20分駅から徒歩15分くらいのレストランに入る。会話の内容を聞きたかったが完全予約制のレストランだった為出入り口で張り込み開始。
21時30分レストランから出てくるその後渋谷駅構内で対象者
と男性は解散し21時50分自宅方面の電車に乗車。
22時40対象者宅の最寄り駅で降車し帰宅。
一連の流れを依頼者に報告して本日の調査終了。
後日依頼者から「連絡が来て真実が分かってよかった。詳細については今後娘と話し合う。長い時間の調査ありがとう。」とお礼の言葉を頂いて調査終了。

40代男性より「別居中の妻の様子を知りたい」という相談

別居妻の行動調査

昨年より仕事上の都合で別居中の妻の休日や、仕事終わりの様子を知りたいので調べて欲しいとの事で、素行調査をお受け致しました。
8時00分、妻(対象者)が勤務している会社の出入り口が見える場所を確保し張り込み開始。
9時50分、対象者出社。
18時40分、対象者が会社の同僚と思われる人物(男性)と退社し最寄り駅方面へ移動。
18時50分、対象者宅と別方面の電車へ乗車したので尾行開始。
19時20分、赤羽橋駅で降車、その後駅から徒歩10分くらいの居酒屋に入る。依頼者に連絡を取ると会話の内容を聞いてほしいとの事なので、調査員2名が居酒屋に入る。残りの調査員で出入り口が見える場所を確保し張り込み開始。
22時00分居酒屋から出てきて駅方面へと移動。その後駅構内で解散をし、自宅方面の電車に乗車。
22時40分対象者宅最寄り駅を降車しマンションに帰宅。
一連の流れを依頼者に説明をし、本日の調査終了。後日依頼者の方から連絡があり休日の様子を知りたいとの事なので
8時00分対象者自宅マンションから張り込み開始。
10時00分対象者宅に30第後半と思われる男性が入る。
12時40分対象者と男性(対象者2)が一緒にマンションを出て最寄り駅方面に移動開始。
12時55分新宿方面の電車へ乗車。13時20分新宿駅で降車し駅構内の喫茶店へ入る。喫茶店内が満席だったので会話の内容が聞けず出入り口が見える場所を確保し張り込み開始。
14時10分喫茶店を出て駅から徒歩3分くらいの洋服店に入る。店内での様子を伺いたいので調査員1名が洋服店に入り残りの調査員で張り込み開始。
15時00分洋服店から出るその後駅近くの電化製品店へ入る。先ほどとは別の調査員が1名中に入り残りの調査員で張り込み開始。
17時15分電化製品店から出て駅方面へ移動。17時30分新宿駅から対象者宅方面への電車に乗車。
18時00分対象者宅の最寄り駅で降車し駅から徒歩10分くらいの飲食店へ入る。会話の内容が知りたいので調査員2名が中に入り残りの調査員で出入り口の張り込み開始。
19時30分飲食店から出て対象者宅に2人で入ったのを確認し張り込み開始。
次の日の9時00分対象者と男性(対象者2)が同時にマンションを出て駅方面へ移動。その後駅構内で解散をし、対象者は会社方面の電車に乗車。
一連の流れを依頼者に説明し本日の調査終了。
後日依頼者から連絡がきて「真実がわかってよかった。妻と話し合いをしてみます、長い時間の調査ありがとうございます」と、お礼の言葉を頂き調査を終了した。

40代女性より「旦那が浮気をしているか調べて欲しい」

旦那の浮気調査

依頼者は最近になって旦那が休日やイベント日になると必ず外出をし、帰りが遅いので浮気をしているか調べて欲しいとの調査依頼。
依頼者によると依頼を受けた次の日が旦那(対象者)の休日という事なので、すぐに対象者自宅前で張り込みを開始し、素行調査開始。
10時30分対象者が自宅から出てきて、自転車に乗り駅方面へと移動したので尾行開始。
10時45分対象者宅の最寄り駅付近の駐輪場に自転車を止めて、山手線内回りに乗車。
11時10分品川駅で降車し駅付近で人と待ち合わせをしている様子だったので張り込み開始。
11時30分対象者が知り合いと思われる20代後半くらいと思われる女性と接触。そのまま東方向へ歩き出したので尾行開始。
11時45分駅から徒歩10分くらいのカフェに入る。依頼者に連絡を取ると店の中に入り会話の内容を聞いてほしいとの事なので調査員1名が店の中に入り、残りの調査員で張り込み開始。
12時50分店から出てきて駅方面へ移動。
13時05分山手線外回りに乗車。
13時30分渋谷駅近くの映画館に入る。映画館内での様子や会話も聞きたかったが映画館が指定席で横の席が取れないことや館内が薄暗い為調査員はチケット売り場の近くと映画館内出入り口付近で張り込み開始。
16時00分映画館内から出る。その後渋谷のホテル街へ移動開始。
16時10分渋谷のラブホテルに入る。出入り口を確認し張り込み開始。
19時20分ラブホテルを出て駅方面に移動したので尾行開始。
19時30分渋谷駅構内で対象者と女性が解散。依頼者に確認を取った所旦那(対象者)の方を引き続き尾行してほしいとの事。その依頼を承諾し尾行開始。
19時50分対象者宅方面の電車に乗る。
20時30分対象者宅最寄り駅で降車し自宅に帰る。一連の流れを依頼者に報告し本日の調査終了。
後日依頼者から浮気相手の女性(対象者2)の住所を特定してほしいと依頼を受け。前の調査で対象者が待ち合わせをしていた品川駅から張り込み開始。
13時00分品川駅構内で旦那(対象者)と浮気相手の女性(対象者2)が接触し、前と同じカフェ方面へ移動したので尾行開始。
13時10分カフェに入る。出入り口の場所が見える位置を確保し張り込み開始。
14時30分カフェを出て五反田駅方面へ移動。
14時30分五反田駅付近のラブホテルに入る。
17時30分ラブホテルか出て五反田駅方面へ移動。
17時40分駅構内で対象者が解散をしたので、あらかじめ伺ってた通り浮気相手の女性(対象者2)を尾行開始。
17時50分山手線内回り乗車。その後対象者2の自宅最寄り駅と思われる駅で降車。
18時15分マンションに入る。その後依頼者から連絡を受け3時間ほど張り込み開始。
21時30分依頼者から連絡があり一連の流れを説明し本日の調査終了。
後日依頼者から連絡があり「早期発見でよかった。証拠写真もしっかり写っているので助かります。」と感謝の言葉を頂いて調査終了。

30代男性より「妻の行動を調べて欲しい」

妻の行動調査

依頼者は最近になって妻の仕事からの帰りが遅い事や休日に一人で出かける事が増えた事などが気がかりになり調べて欲しいとの事で、素行調査の依頼となった。
毎週水曜日か木曜日に仕事からの帰りが遅いということで素行調査開始。朝最寄り駅の駐輪場に自転車を止めて仕事に行くという情報でしたので、
7時00分最寄り駅の改札前と駐輪場が見える位置を確保し2班に分かれて張り込み開始。
9時15分対象者駐輪場到着したので尾行開始。その後電車を乗り継ぎ9時55分対象者の働いている会社の最寄り駅に到着。
10時00分対象者出社。その後対象者が退社するまで張り込み開始。
18時35分対象者が出てきたので尾行開始。対象者はそのまま家に帰らず18時50分渋谷駅で降車
19時00分駅近くのスターバックスに入る。
19時55スターバックスに男性が入り対象者と接触。
20時10分対象者と男性(対象者2)がスターバックスから出てきて近くのレストランに入る。
20時50分対象者と対象者2レストランから出る。その後
21時00分近くのBarに入る。
23時57分二人でBarを出て渋谷駅方面へ歩き出す。
00時10分対象者の自宅とは反対方面の電車に二人で乗るその後品川駅で降車し駅から徒歩10分くらいのBarに入る。
3時15分Barから出て解散しタクシーに乗る。
3時50分対象者帰宅。
一連の流れを依頼者に報告し本日の調査は終了。後日依頼者から連絡があり1日だけでは分からないのでもう一度調査をして欲しいとの事。後日前の調査と同じ流れで調査開始。
18時40分対象者が退社し出てきたので尾行開始。対象者は同じ流れで
19時00分渋谷駅に到着。今回はスターバックスには行かず駅で待ち合わせをしている様子。
19時20分男性が接触し近くの居酒屋に入る。なお前の調査で現れた男性とは違う人物だと思われる。依頼者に報告した所会話が聞きたいとの事で調査員2名も居酒屋に入る。対象者の横の席を確保できたので会話の内容を聞きながらボイスレコーダーに録音。
22時30分対象者と男性が店を出て駅で解散その後対象者は自宅方面の電車に乗る。
23時10分対象者家に帰宅。一連の流れを依頼者に報告し本日の調査終了。
その後依頼者から連絡があり、居酒屋での会話の内容から察するに仕事でのアドバイスを受けているだけとの事。長い時間調査をしてくださってありがとう。妻が浮気をしてなくて本当に良かった。と感謝の言葉を頂いて調査を終了した。

30代男性より「彼女の仕事を調査してほしい」という相談

彼女の仕事調査

彼女は事務職をしていると依頼者には言っているが、どう考えても収入よりお金の使い方が派手過ぎておかしいと思い、素行調査を依頼。
同棲はしていなかった為、朝から張り込み開始。事務職をしている言う彼女(対象者)が昼の11時になっても家から出る気配がない。そのまま張り込み続けると、16時に家を出てどこかへ向かう。尾行を続けると繁華街の雑居ビルへ入っていった。そこは風俗店だった。その後24時にお店から出て来て、真っ直ぐ家に帰り調査終了した。実は彼女は風俗店で働いていた事が判明する残念な結果を依頼者に報告すると、早く本当の事が知れて良かったと、感謝の言葉をいただき、調査を終了した。

50代の会社経営者より「従業員の行動がおかしいので調査してほしい」という相談

従業員の不正調査

経営者である依頼者が従業員の行動に違和感を持ったのが、会社の売上が急に低迷しだした頃、社内での噂で従業員である対象者のお金の使い方がおかしいと聞こえてきたのがきっかけで素行調査を依頼。
調査は対象者の退社後の行動を尾行と、会社のメール内容を約1万通のチェック。調査開始から2日目の会社を出た後、電車で移動しスーツ姿の男性2名と合流。
その後居酒屋で食事をしている最中にスーツ姿の2名から封筒を受け取る。
その後1時間ほどで解散した。翌日メール内容からも、同業他社に顧客を紹介し、頻繁に裏でキックバックを受け取っていた内容が判明し、依頼者に調査報告書として証拠の写真等を提出すると、売り上げ低迷は他社に流れていたからだと気づく事が出来て有り難いと言っていただき、無事調査を終了した。

30代女性より「離婚した元旦那の行動を調査して欲しい」という相談

元旦那の行動調査

依頼者は、子供の親権を持っている元旦那(対象者)がきちんと面倒見ているかを調査して欲しいと、素行調査依頼。大体のスケジュールを依頼者に確認し、朝から張り込み開始。
朝8時に小学生の子供を集合場所まで見送る姿を確認する。その後8時半過ぎに対象者もスーツ姿で駅へ向かい電車に乗る。9時15分過ぎに電車を降り会社へ出社。17時過ぎに対象者が会社を出て駅に向かい電車に乗る。降りたのは自宅最寄り駅。自宅近くのスーパーで、卵、野菜、牛乳、鶏肉、アイスを購入。18時過ぎ帰宅。その後動きはなく調査終了。
近所にも聞き込みを行うと、すごくいいパパで仲の良い家族という事が判明。依頼者に報告すると、大変喜び、このまま預けられると安心されていた。喜ばしい結果で調査終了。

40代女性より「反抗期の娘の行動を調査して欲しい」という相談

娘の行動調査

依頼者は高校生の娘の反抗期で約1年まともに口を利いておらず、日に日に帰りも遅くなり、最近では帰って来ない日も多くなった為、1度探偵に依頼しようと約10社に料金比較目的で電話し、1番料金が安かった当社で依頼されたとの事。
調査は家に帰っている日の翌朝から張り込み開始。朝7時半制服姿の娘(対象者)さんが家を出てくる。その後電車を乗り継ぎ、8時30分学校へ登校する姿を確認。15時学校から友達数名と下校してくる。そのまま駅近くのゲームセンターに入る。約1時間後にゲームセンターの前に1台の車が止まり、運転手の男性が降りて来て、娘(対象者)と話し始め、そのまま車に乗り走り出す。車で尾行すると運転手の男性の自宅らしき家に2人で入っていく。約5時間後家から2人で出て車に乗り込み、娘(対象者)さんの自宅時近くまで送り、その日は調査終了した。
後日色々調査した結果、車で来た男性は彼氏で、交際期間約3か月の塗装工で働く男性だという事だった。特に非行的な遊びや、犯罪に巻き込まれていそうな事もなかったが、彼氏が原因で夜遊びが始まっていた可能性が垣間見えた。一連の結果を報告し、調査終了とした。

30代男性より「母親がパチンコしていないか調査して欲しい」という相談

母親の行動調査

依頼者の母親はギャンブル依存症で入院歴があり、ここ数年間は辞めていたが、ここ最近の行動が少しおかしい為、調査依頼する事となった。
対象者を朝9時から張り込み開始。対象者が10時30分に家から出てくる。
近所のパチンコ屋に入る所を確認。13時に1度食事をしに、近くのお蕎麦屋で天ぷらそばを食べ、またすぐパチンコ屋に戻る。
その後16時半にパチンコ屋から出て来て、そのまま自宅へ帰って行った。
その日の行動を全て依頼者である息子さんに調査報告書をお渡しし、説明するとやはりもう一度ギャンブル依存症専門病院に入院させる事も検討するといい、早期発見に感謝し、真摯に受け止めますといい、調査終了となった。

50代男性より「従業員の行動を調査して欲しい」

従業員の行動調査

依頼者である50第男性は会社経営者であり、従業員である対象者は営業マンであり、会社の為、営業活動しているが、あまりにも接待や、打ち合わせなどによる経費が高く、プライベートなどで使用したお金も、経費として計上しているのではないかという依頼だった。調査は会社に出社した10時から張り込みを開始した。10時45分には会社を出る。
その後取引先の人間らしい人物と喫茶店で1時間過ごす。その際の会計は相手持ちで支払ってもらう。その際領収書を対象者が受け取る。まずこの時点でおかしい事が判明。
その後12時10分漫画喫茶に立ち寄り、2時間滞在したのち、15時一旦会社に戻る。
15時40分また会社を出る。16時にファミリーレストランに取引先らしい人物と打ち合わせを始める。その後2時間打ち合わせが続き、近くの居酒屋に2人で入りお酒を飲んでいると、別の3人が合流し一緒に飲み始める。
約2時間飲み食いを行い会計へ、またしても会計は5人で割っていたが、領収書は対象者のみが受け取る。その後解散し自宅へ帰り調査終了となった。
後日依頼者に確認すると、接待で使ったこととし、経費計上しようとしていたことが判明した。依頼者に全貌を伝えたところ、早期発見でき感謝の言葉をいただき、調査終了となった。

20代女性より「旦那の行動を調査して欲しい」

旦那の行動調査

旦那がこれまでと違い、返ってくる時間が不定期になったり、たばこも吸わないのにたばこ臭くなって帰ってきたりと、少し今までと違うので調査して欲しいと依頼。
調査は朝家を出る8時から張り込み開始する。8時5分家から出て車に乗り込みどこかへ走り出す。8時20分モーニングのある喫茶店に入りコーヒーとパンを食べ始める。
その後新聞や雑誌を読み、10時に喫茶店を出る。その後車で10分走ったところにあるパチンコ屋に入って、スロットを打ち始める。結局夜の21時までスロットを打ち続け、自宅へ帰宅。そんな行動を3日間続け、会社には一切行っていない事が判明した。
調査報告書を作成し、依頼者に説明すると泣いてがっかりされていた。
後日依頼者様から報告をいただき、会社は2か月前にクビになってしまい、言い出せなかったと対象者である旦那様が謝ってきたとの事だった。

60代男性より「妻が毎日出掛けるが、何をしているか調査して欲しい」

旦那の行動調査

依頼者である旦那様いわく、今まではいつも家にいた嫁が最近よく人と会いに行くといって出ていくので、何か変な事に巻き込まれていないかという依頼。
調査は朝10時から自宅に張り込み出てくる所を待ち伏せする。
10時ちょうどに家を出て、近くの駅まで歩いて電車に乗り込む。
自宅の最寄り駅から3つ先の駅のファミリーレストランに入っていく。
するとすでに4人の女性が待っていて、その席と合流し話始める。
会話を聞いてみると、どうやらネットワークビジネスの話をしており、どうやって新規のお客様を勧誘するかなどについて話し始めていた。約2時間半続き、その後真っ直ぐ家に帰った。2日目も同じ場所で、同じメンバーと打ち合わせたるものを行い、約同じぐらいの時間で切り上げ、自宅に帰って行った。
調査報告書をまとめ、旦那様にお伝えすると、少しホットされたような顔で、それぐらいの事なら好きにさせてあげますといい、調査終了した。

悩まずにまずはお気軽にご相談ください