50代の会社経営者より「従業員の行動がおかしいので調査してほしい」というご相談

従業員の不正調査

経営者である依頼者が従業員の行動に違和感を持ったのが、会社の売上が急に低迷しだした頃、社内での噂で従業員である対象者のお金の使い方がおかしいと聞こえてきたのがきっかけで素行調査を依頼。

調査は対象者の退社後の行動を尾行と、会社のメール内容を約1万通のチェック。調査開始から2日目の会社を出た後、電車で移動しスーツ姿の男性2名と合流。

その後居酒屋で食事をしている最中にスーツ姿の2名から封筒を受け取る。

その後1時間ほどで解散した。翌日メール内容からも、同業他社に顧客を紹介し、頻繁に裏でキックバックを受け取っていた内容が判明し、依頼者に調査報告書として証拠の写真等を提出すると、売り上げ低迷は他社に流れていたからだと気づく事が出来て有り難いと言っていただき、無事調査を終了した。

悩まずにまずはお気軽にご相談ください