50代女性「定年になったら離婚するという夫に向けて対策がしたい」というご相談

夫の行動調査

依頼者は50代女性で3年くらい前から夫が定年になれば家を出て行くと言っていて、平日は帰宅するが休日は家に帰らず家に居ない事が多くあり女性の家にいっているかもしれないとの事。今まで怖くて真実の確認をしようとしなかったが、弁護士の方やカウンセラーの方に相談したところ、このまま何もしなければ依頼者自身が傷つき終わる結果になると思うのでもしそうなった場合の為に準備や対策などはしている方が、自分の権利を守れる、と聞き探偵か興信所に依頼しようと検索し、料金の安い探偵という事で当社に相談されたとの事。

この依頼を承諾し素行調査開始。依頼者から指定された夫(対象者)の休日に合わせて張り込み開始。

12時頃夫(対象者)が家を出て最寄り駅付近にあるパチンコ店に入るのを確認。パチンコ店内で人と待ち合わせをしている雰囲気はなく5時間後店を出て最寄り駅から電車に乗車し10分程度移動。その後降車し駅構内で40代女性と接触し駅から徒歩5分程度にある居酒屋へ入る。
2時間後店内を出てきて街を30分程度徘徊したあとホテルに入るのを確認。
2時間30分後ホテルから出て徒歩20分程度の場所にある女性(対象者2)の自宅と思われるアパートに入るのを撮影し、引き続き女性(対象者2)のマンションから張り込み開始。
9時頃アパートから2人一緒に出てきて最寄り駅付近にあるパチンコ店に入る。
15時頃パチンコ店から出てきて女性(対象者2)が所有している自動車に乗り20分程度移動し、ショッピングモール内へ入るのを確認。
1時間程度買い物をし再びアパートへ帰る。
22時頃夫(対象者)が1人でアパートから出てきて最寄り駅から自宅方面の電車に乗るのを確認。
帰る道中ドラッグストアや牛丼屋へ入り1時間後自宅に帰るのを確認。
一連の流れを依頼者に報告し本日の調査は終了した。

調査の結果夫(対象者)は長年にわたる不貞行為をしており女性(対象者2)との行動に迷いがなく、あたりまえかのようにふるまっていた。
後日依頼者から連絡があり、「素行調査ありがとうございました。弁護士の方ともお話をしたのですが証拠写真もハッキリ写っているし夫が定年になり離婚を迫られても自分を守るために戦う事が出来ます。本当にありがとうございました。」と感謝の言葉を頂き調査を終了した。

悩まずにまずはお気軽にご相談ください