30代男性「険悪な関係の妻と離婚したい」というご相談

妻の行動調査

依頼者は30代男性で数年前から夫婦関係は冷え込んでおり、半年ほど前から更に悪化した。共働きで妻は仕事の関係上外泊することが多いので、お互いに干渉しなかったが、浮気をしていると思うので事実をはっきりさせてから離婚の話を持ち出そうと思うので色々な探偵事務所や興信所に料金を聞き、調査料金の安かった当社を選ばれたとの事。

この依頼を承諾し素行調査開始。

依頼者によると妻(対象者)は仕事終わりに連絡が来なくなることが多いと言われていたので妻(対象者)が勤務している会社付近から張り込み開始。

18時頃妻(対象者)が退勤したのを確認。
その後最寄り駅まで移動し電車に乗車。2駅過ぎて車両内で男性(対象者2)と接触するのを確認。
15分後降車し駅から徒歩10分程度の飲食店に入るのを確認。
1時間程度で店内から出て近くのホテルに入る。
3時間後ホテルを出て駅方面へ移動し駅構内で解散。
妻(対象者)が0時頃に帰宅したのを確認し本日の調査は終了した。

後日依頼者から連絡があり「不貞の証拠を撮って頂いてありがとうございます。離婚を考えて弁護士の方に相談した所、不貞の証拠は複数回会った方がいいと言われたので妻が外出する日は決まっているのでもう一度証拠撮りの調査を行って欲しい」との事。

この依頼を承諾し再調査となった。

再調査日の調査では妻(対象者)が、どの時間に出てくるかわからないので朝7時から対象者自宅前で張り込み開始。

10時頃妻(対象者)が自宅から出てきて自転車に乗り最寄り駅方面へ移動。電車に乗車しこの前の調査で男性(対象者2)と解散した駅まで移動し駅構内で接触するのを確認。
その後駅から徒歩5分程度の場所にある百貨店へ入り買い物をしている様子。
2時間後店を出て、駅近くからタクシーに乗車し20分程度移動したあと男性(対象者2)が住んでいると思われるマンション内に二人で入るのを確認。
4時間後マンション内から出てきて徒歩15分程度にあるファミリーレストランに入る。
1時間後店を出て再び最寄り駅方面へ移動し駅構内で解散。

妻(対象者)は自宅方面の電車に乗り、途中化粧品店やドラッグストア、コンビニなどにより22時頃帰宅するのを確認。
一連の流れを依頼者に報告し本日の調査は終了した。

後日依頼者から連絡があり、「急な即日調査ありがとうございました。証拠写真もハッキリ写っているので弁護士の方もこの写真なら問題なく使えると言われたので安心しました。」と感謝の言葉を頂いて調査を終了した。

悩まずにまずはお気軽にご相談ください