40代女性「単身赴任中の夫が浮気をしていないか調べて欲しい」というご相談

夫の浮気調査

依頼者は40代女性で夫は仕事柄転勤が多く1年か2年、早いときは半年に1回くらいのペースで勤務地が変わり基本関東県内に転先が変わる。いつも転勤先が変わる毎に家族で一緒に移動していたのに今回は夫のどうしてもといった意向で単身赴任といった形をとったとの事。

赴任先の夫が暮らしているマンションの電気の使用量をチェックしているが、メーターが動いてない時が多々あり浮気をしているのではないか不安になり、今回夫の赴任先が東京都なので東京の探偵で検索した結果料金が1番安い当社に相談したとの事。

その依頼を承諾し素行調査開始。

調査1日目夫の勤務先の会社から張り込みを開始。
19時頃夫(対象者)が同僚と思われる女性と退勤したのを確認。
その後最寄り駅構内で解散し夫(対象者)は自宅方面の電車に乗りまっすぐ帰宅。
23時頃まで夫(対象者)が住んでいるマンションで張り込みを続けたが動く気配もなく22時30分頃部屋の電気が切れたので就寝したと判断し1日目の調査終了。

調査2日目依頼者から連絡があり当初は夫(対象者)の休日に調査を行う予定だったが依頼者の方に夫(対象者)から連絡があり休日に一度帰ると言われたそうなので1日目と同じく勤務先の会社から張り込み開始。

19時頃退勤したのを確認。その後自宅方面の電車に乗り帰宅。
23時頃まで動く気配がなかったので本日の調査終了。

しばらくして依頼者から連絡があり夫(対象者)の休日に調査してほしいと言われたので、夫(対象者)が住んでいるマンションから張り込み開始。

11時頃マンションから出て来て最寄り駅方面へ移動。その後一人で昼食を済ませ近くのスーパーで買い物をし、帰宅したのを確認。17時頃マンションから出来て最寄り駅方面へ移動し電車に乗り10分程度移動。駅構内で知り合いと思われる男性2名と接触。駅から徒歩5分程度にある居酒屋へ入る。
3時間後3人は居酒屋を出て駅構内で解散し夫(対象者)は自宅方面の電車に乗車。
23時頃帰宅するのを確認。一連の流れを依頼者に報告し本日の調査終了。

調査の結果夫(対象者)は不貞行為をしている様子はなく、地味な生活をしていて住んでいるマンションは就寝しに帰るだけに使っている様子。

後日依頼者から連絡があり、「3日間の調査ありがとうございます。夫を信じる事にします。調査して頂いてありがとうございました。」とお礼の言葉を頂いて調査を終了した。

悩まずにまずはお気軽にご相談ください